上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
00.jpg

Artist: Kylfingar
Album: Halhatatlanok
Year: 2014
Genre: Viking / Nordic Folk Metal
Country: Hungary
Format: CD / Digital
Label: Nail Records
Facebook: URL

続きを読まれる方は下記の「≫続きを読む」からどうぞ。
 
 
 
 
Kylfingar の1stアルバムです。
Hammer Records のサブレーベルである Nail Records よりリリース。

※ 現状だと セルフリリース に近いです。

ハンガリー産のヴァイキング/フォークメタルです。
久しぶりにヴァイキング/フォーク系で「良いバンド」に出会うことができました。


10593116_715196328515946_8596258958936213008_n.jpg


2013年に初のEP「Észak Népe」をリリースしており今年めでたく1stフルをリリースしたようです。
バンド自体は2012年から水面下で活動していた模様。

バンド側がジャンルを「Nordic Folk」と語るだけあって音楽もそうなんですがバンド名にも拘りがあるみたいで、
Facebookの説明にも書いてありましたが「Kylfings」というヴァイキング時代に北欧で活躍したとされる民族の
名前からとって付けたんだそうです。初めて「Kylfings」って聞きましたが北欧にはそんな民族がいたんですね~。

バンドの構成は Vo/Key、G/Vo x 2、Ba、Dr の5名でした。

曲によっては3人で歌ってるものもあるのが特徴的。笛やヴァイオリンも入ってたりしてトキメイたんですけど、
バンドのFacebookを見る限りでは使ってる様子は無いんですよね。w 打ち込みなのかな?

さてさて音楽性としては「Ensiferum」や「Finntroll」などのバンドから影響を受けているようです。

曲調がコロコロ変わる曲もあれば、1曲だけど酔いどれ曲もあったり、オーオーオーと雄雄しいコーラスが入る曲もあれば、
Ensiferumヨロシク!ばりの気持ちのいいテンション高めの曲もあったりで聞いてて楽しいアルバムです。
ええ、こういうの大好物です。(にっこり

リードボーカルさんがデスボイス担当だと思うんですけど、ギター兼ボーカルさんのクリーンボイスも結構はいってたりします。
これがカッコイイという感じはしなくてですね(失礼)、どちらかというとTyrMetsatöllのような垢抜けない声のボーカルなので
味があるというか癖になるボーカルさんでした。 腹から声だせなんて無粋なことは言ってはいけません。(ぉ

確かに色々と影響を受けていると思える部分はあるけど、バンドとしての個性(魅力)は十分あると感じました。
個人的にはとても気に入っています。

ハンガリー語で歌っているところも個人的にはポイントが高いです。母国語で歌うのは当たり前と言えば当たり前だけど、
ハンガリー語というアドバンテージはデカいなぁと思うのです。それだけで武器になるというか、とても魅力的。
ただデスボイスで歌うとその恩恵も薄れるのが残念w クリーンボイスはイイ感じです。

中でも3曲目の「Kilenc Valkűr」、6曲目の「Út a Valhallába」、7曲目の「Új Haza - Kölpény Vihar I. 」、
8曲目の「Halhatatlanok」はかなりツボにきましたッ!!

思わず拳に力が入ってしまうというか、脳汁がほとばしること必死です!


それでは視聴曲をば つ








この破壊力よ。。

好きな人にはたまらないんじゃなかろうか。(私はたまりませんでした) たまらないよ✌('ω')


----

続いて、いつものように写真など。(自己満


01_20140906024256a78.jpg

枯れ木に鳥に石碑、よいジャケです。(確信)


02_20140906024257f12.jpg

中身はこんな感じでした。


03_201409060242596c0.jpg

よく見ると小さな字ですけどサインが入ってました!w


04_20140906024300339.jpg

中身はハンガリー語でまったく読めませんでした。。(´・ω・`)ションボリ


05_2014090602431377f.jpg

裏面はこんな感じです。

最後の曲が5曲目のアコースティックVerでボーナストラックとなっています。いつも思うんですけど、
通常盤、特別盤が無いのにボーナスとは一体何に対してのボーナスなのだろうかと考えてしまう今日この頃です。


----

ちなみにこのCDですが、入手難易度がクソ高かったです。。 orz
何せバンドから返ってきた文面がこれだったのです。

※ バンドに対して送ったメールの内容としては、Kylfingarの音楽がとても気に入ったことと、
Halhatatlanok(CD)を購入したいということと、支払いにPaypal が使えるか?ということです。(←超重要)



【バンド側の回答】
Hi!
Thanks for your interest and support but unfortunately we can ship our album only in Europe (and we neither have Paypal). We ask you if you want to support us, please buy our album in digital format, here are some links for it:

Google Play:https://play.google.com/store/music/album/Kylfingar_Halhatatlanok?id=Ben5ke32lp3bd25dwk7t2x2svgu
Deezer: http://www.deezer.com/artist/5897022
Itunes: https://itunes.apple.com/hu/album/halhatatlanok/id883614281
Spotify: https://play.spotify.com/album/7q1UsWlB6W4sgKMaWtz4um

Sorry for our incompetence but we have no Japanese distributor unfortunately and our bank account is not able to accept transfer from outside of Europe.

All the best and thanks for your support again!

Kylfingar


【私のポンコツ翻訳】
「こんにちは!私たちのアルバムに興味を持ち、支持してくれてありがとう。
残念ながら、私たちのアルバムはヨーロッパ内にのみ販売頒布できます。
(私たち、Paypalも持ってません。)
でも、デジタル・フォーマットでアルバムのダウンロード購入は可能なので、以下のリンクを参照してみてください。

ご不便をおかけしてごめんなさい。
私たちには日本でのディストリビューターがいないし、ヨーロッパ外からのお支払いが受け入れ可能な銀行口座も持ってないので。
ごきげんよう、そして、私たちへの再度の支援、本当にありがとう!

Kylfingar」



06_20140906030934ced.jpg



詰んだwww バンドへはデジタルで購入する旨と、今後も応援してます!と一言そえて返信をして、
デジタルで我慢するしかないか・・と諦めかけてたんですが、そんな時にたまたまスカイプで
話してた海外在住の友人が変わりに買ってあげるよと言ってくれたのです。

釈迦の「蜘蛛の糸」とはこのことか。。

正直なところ迷惑かけるから迷ったけど結局、お言葉に甘えることに。。
支払い金額とは別に、お礼に好きなお菓子とカップラーメンを贈りました。(すごい喜ばれたのでよかったw)

そんなわけで、バンド直だと個人輸入ができなかったです。。(どう足掻いても無理だった)
私が入手できたのは単に運が良かっただけです orz

「Nail Records」からリリースとなってるけど、「Nail Records」では売ってないんですよねぇ。
CDの裏側にはHAMMER WORLD.HUってなってるけど、なんでなんだ!?

そっちで買えればそっちで買ったんですが、、まぁ同郷の「Tales of evening」なんかも
今ではCD出てるのでいずれは買えるようになるかもしれませんが。。

▼ Nail Records URL
http://www.metalshop.hu/index.php?cPath=42

現状はデジタルで購入は手軽だと思うので、欲しい方はデジタルで購入されてはいかがか。
デジタルは上記のバンドの回答にURLが書いてありますのでそちらをご参照ください。

てか、何処でもいいので日本のディストロさんはこのバンド拾ってあげてください。ww


---

【続報】 2014/11/17

Nail Recordsで販売されていることを確認しました!
下記のページから購入することが可能です。

これはCD販売されるべきですよ。 よかったよかった。

http://www.metalshop.hu/product_info.php?products_id=15722


---

そんなわけでして、長くなりましたがこのあたりで。
いや~これも今年のベスト候補になりそうです。

上でもちょろっと名前出しましたが「Tales of evening」といい、、
ハンガリーには埋もれるには勿体無いバンドがまだまだ居ますね。

いつか Dalriada のように、手軽に日本でも手に入るようになるといいなと思います。
今後も細々ではありますが、 Kylfingar を応援していこうと思います。

ではでは、ここまで読んで下さってありがとうございました!


↓ よければクリックしてやってください。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
 
 
>>TOPへ戻る。
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ニヤニヤしながら読んじゃいましたw
音源の紹介もさることながら、フィジカルに拘る楓さんの「個人輸入の顛末記」が面白くて大好きなのは僕だけですかね?
僕もPayPalさえあれば今や世界中どこでも買える…と思っていたんですけど、まだまだ難関はあるんですね!w
2014/09/06(土) 21:46 | URL | sts_ otias #-[ 編集]
■ sts_ otiasさん
「個人輸入の顛末記」、楽しんで頂けたらなら良かったですww
いつもは何のトラブルも無くサラっと購入できるのですが、
たまにこういった小さなドラマ(悲劇)があったりするのでハラハラしますw

Paypalは使えると便利ですが、如何せん買いすぎてしまうのが怖いところですねぇ。
毎月引き落とされる額を見ると血の気が引くこともしばしばで・・・(゜ー゜;

また、なにか海外購入でネタができたら記事の中に書いていこうと思います!
2014/09/07(日) 14:00 | URL | kaede #9L.cY0cg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaede610.blog83.fc2.com/tb.php/58-1da1b575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。