上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、こんばんは、私です。
一週間「くらい」ぶりですね、嘘はついてないよ!(冷や汗

さて本日は表題の件にもある通り、悲しいニュースがあったので記事にしたいと思います。

知名度で言いますと、かなりマイナーな部類にはなりますが、、
一部のブラックメタラー達からこよなく愛されたアメリカのレーベル「Khrysanthoney」が閉店しました。。

頻繁に更新が止まるレーベルだったので、心配はしていたのですがまさか潰れるとは。。


以下、ソースです。




悲しい、あまりにも悲しい。。

更新の頻度はこのブログよりも酷い超マッタリで、滅多にショップの内容が変わることは無いのですが、
そのかわり、いざリリースとなると質が高いバンドが バ~ン と出てくるのがこのレーベルの特徴だったりします。

しかも、リリースしててもチェックしてないと気づかないのでメルマガ登録は必須でした。
そう、気づかなかった時に限って、限定盤を買い逃してしまうというのはよくある話であったり。。

唯でさえリリース数の少ない作品(100~200枚限定リリース)のに更に数の少ない特別盤(20~25枚限定リリース)
とか平気で出してくるところなので、普段は気を抜いてても、いざとなったら気がぬけない!

限定盤はわたさんッ !! 絶対にわたさんぞぉおおおッ !!! (必死


・・・と、コ○ケのシャッターダッシュ的なイベントが、PCの前でヒッソリと行われる、そんなレーベルでした。(笑


----


Khrysanthoney.jpg


今や懐かしの入り口です。
残念ながらもう「Explore」をクリックする事はできないのですが。。

ここは何度か利用させてもらいましたが、それはそれはお世話になりました。
思えば、「Petrychor」、「Sleeping Peonies」、「Clouds Collide」などのバンドと出会えたのもこのレーベルのお陰だと思います。

中でも、「Sleeping Peonies」の作品はなかなかに苦戦して入手した記憶があります。

100枚限定の1st-EP「Rose Curl, Sea Swirl」はあと少し遅かったら買い逃していたし、
150枚限定の2nd-EP「Ghosts, And Other Things」は特別盤は買えずとも出遅れたせいかギリギリ通常盤を入手し、
20枚限定(通常盤は130枚限定)の3rd-EP「Slowly Disappearing」は気合でなんとか入手できたのは奇跡に近かった。
少しでも決断が遅れていたら売り切れていたに違いない。(´・ω・`)

3rd-EP「Slowly Disappearing」については、リリースが早朝だったということもあり、
出勤中に電車の中から慌ててスマホからShopにアクセスをして、
初めてスマホで Paypal 決済 を行ったという記念すべき1枚だったりします。(苦笑

普段はメール打ちにくいし、Googleマップくらいしか有り難味を感じなかったスマホですが、
あの日ばかりはスマホにしてて良かった!と感謝しましたね。 ガラケーなら詰んでた。

スマホの力もあって初の特別盤(Ambrosia Edition)を購入することができました。

帰宅する頃には特別盤は売り切れていたので、あの時の選択は間違いではなかったと思う。
通常盤は閉店するまで売れ残っていたようでしたが。。(苦笑


003_20140513234434b88.jpg

現物はこんな感じです。
左上から1st-EP、右上が2nd-EP、下のでっかい箱が3rd-EPです。

リリース数が少ないのは手作りだからっていうのもあるのかもしれません。
(1st-EPはただ単にCDケースに入れただけのものですけど。)

本当は「Slowly Disappearing」の中身を撮った画像があったのですが、どっかいってしまった。('A`)
中身ほんと色々な紙やら紙やらが入っててですね、一度出すと片付けるのくそ面倒くさいのでこれで。


現在、曲はBandcampでデータ販売をしております。
http://sleepingpeonies.bandcamp.com/

どうしてもCDで欲しいという現物主義のお方!
もし、ユニオンとかの中古市場で見かけた時は迷わず購入することをオススメします。
通常盤ですら100~150枚限定とかのリリースで、現物自体が少ないのです。チャンスがあれば拾っちゃいましょう。

もし国内で見つからないようであれば、eBayや、Discogsなど、海外の中古市場に目を向けると意外と
転がってたりします。海外の方との直接的なやりとりでハードルは上がるものの、リターンが大きいのが魅力的。
悪までも、購入は自己責任となりますが、興味のある方は試してみてはいかがだろう。

参考程度に、Sleeping Peoniesの音源貼っておきます。
幻想的なシューイザー/ブラック系の音楽が好きな方なら楽しめる作品だと思います。








この「Sleeping Peonies」というバンド、実は「Clouds Collide」というバンドとスプリット
リリースする予定だったんですが、それが無くなってしまったのが物凄く悲しいです orz
一時は解散しかと思った「Sleeping Peonies」がまた戻ってきたか!と思ったらこれだ・・・。

FBで画像がアップロードされた時はウキウキしていたのですが、、残念すぎる。




リリースしてほしかったなぁ。。


それと、シューゲブラックが世間で光を浴び始めた頃に一部で話題にもなった「Onryō」というバンドが
Khrysanthoneyから初の音源をリリースするというニュースもあったのです。

これも残念。。 今や懐かしい Myspace に2曲のみアップロードして音信不通になっていたので
CDリリース化は本当に楽しみだったのですが('A`) 何処かのレーベルが拾ってくれませんかね、リリースはしてほしい。






それとですね、私が何よりも期待していた「Adorn」というバンドのリリースが無くなったのが悲しすぎるのですよ。。

これはCDがリリースして現物入手してからネタにするつもりのバンドでしたが、
もはやそれも絶たれてしまったので、、タイミング的にもいいので書きたいと思います。

まずはこのジャケを見てほしい、コイツをどう思う。


a3102085005_10.jpg


すごく、イイセンスです。。 ジャケからして惹きつけられるものがありますよね。

ジャケが良い=良盤の法則とはよく言ったもので、曲もめちゃくちゃいいんですわ。。









浄化した

この死んでもないのに成仏しそうになる曲は一種の殺人ソングと言って良いのではなかろうか。(良い意味で)

バンド自身がジャンルを「Romantic music for dreamers.」と言うだけあります。
曲を聴く前はふふっと微笑してしまったのですが、曲を聴いた後には納得せざるを得なかったですね。
ロマンチックという言葉が似合う音楽だなぁとしみじみ思ってしまった。(笑

Voは無いのですが、この手のジャンルって曲だけでもいいもんですな。

それにしても、シューゲイザー系のバンドって、今はもうマンネリ化が激しいジャンルになっていると思うんですよ。
Alcestがきっかけとなって爆発的に広まったジャンルではあるのですが、広まりすぎたというか。

でもそんな、マンネリ感を払拭するくらい衝撃を受けました。 素晴らしいです。
あまり他バンドを出すのはアレなんですが、Alcestの1stを初めて聴いた時と似たような感覚を味わいました。

ベタ褒めで気持ち悪いですけど、それだけ私のツボにクリーンヒットしたのです。(笑
早くも今年のベストの1枚決まってしまった感が!

これが無料DLでいいんですか?と。本当にCDリリースしないんですか?と。。
ほんと、どこかのレーベルが変わりに出してほしいくらいです。

無料でリリースしてくれたバンドに感謝しつつ、ありがたくBandcampで name your price もとい、Free Download しましょう。
でもCDリリースしたらこれは買いたいですね。こういう作品はCDでやっぱり欲しいです。

無料DLはこちら。
http://adornmusic.bandcamp.com/


そんなわけで、個人的に悲しいニュースをお届けしました。

時代の流れと言いますか、いつまでも続くものではないのかもしれませんが、
なくなってしまうというのは悲しいものですね。。 本当に良いレーベルでした。

最後に、Khrysanthoney を訪れると必ずや目についたフラッシュ画像を
GIFアニメーションでコッソリ録画したやつがあるので、それを張って〆ようかと思います。w



khrysanthoney2.gif


お疲れ様でした。 今まで素敵な作品をありがとうございました!


それでは、また来週――。


↓ よければクリックしてやってください。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
 
 
>>TOPへ戻る。
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽しみにしていたAdornやおんりょーのフィジカルがなくなってしまった。。。
エクリブリウムミュージックあたりの優良レーベルがその辺のバンド拾ってくれれば良いのだけれどorz
2014/05/14(水) 08:52 | URL | おがた #JalddpaA[ 編集]
やっぱり契約していたバンドの先行きが心配になりますよね…
まあ零細レーベルなんてどこも似たようなもんなんでしょうけど…
2014/05/15(木) 00:24 | URL | sts_otias #-[ 編集]
■ おがたさん
お久しぶりです~!コメントどもどもです。
ほんとフィジカルで無くなったのが残念でなりませんね。。
Adornは音源もそうですけど限定盤がどんな感じになるのか
すごく楽しみだったので残念すぎますorz

レーベルについて、Equilibrium Musicは利用したことないのですが、
そんな優良レーベルだったんですか!? 今度利用してみたいと思います(っ'ヮ'c)←にわか
最近は今まで優良だと思ってたレーベルのイメージが駄々下がりなので知名度があっても
質の悪いレーベルには拾われないでほしいという想いが強いです。プロメディなんちゃらとか(ぉ

それと、もし今回もファ○ジン販売するようでしたら買わせてください。(笑


■ sts_otiasさん
コメントどもです~!
契約先は気になってしまいますねぇ、、怖いのはそのまま埋もれて
知らぬ間に解散しちゃったりしそうなところが怖いです(^^;

そうなったら仕方ないといえば仕方ないのですが。。
何処か良いレーベルに拾われることを祈ってます・・・!!
2014/05/15(木) 21:33 | URL | Kaede #9L.cY0cg[ 編集]
Exは良いショップですよ!
取り扱いは、メタル色は薄い(alcestとか扱ってる程度)ですが、アンビエント、フォーク、ネオクラシカル系が強いです。リリースも、Ashramをはじめ、Ion、The Moon and the Nightspiritなど、クオリティの高い美しいメロディを聴かせるのが多いので、癒やされたい時に是非。

ファンジン、とりあえず四冊目に向けて進めておりますが、また冬発行になると思います、今はメインの同人活動真っ最中なんでwww
2014/05/26(月) 00:08 | URL | おがた #JalddpaA[ 編集]
■ おがたさん
コメントが3ヶ月あまり遅れました、申し訳ないですorz
Ex、今みたら気になる作品がいくつかあったので給料日にキメてきますww
いいショップ教えてくださってありがとうございます!!

>>ファンジン
おおお、今から楽しみです~!
発売が近づいたら当ブログでも宣伝させていただきますので。
同人活動のほうも頑張ってください(`・ω・)b
2014/08/25(月) 16:32 | URL | kaede #9L.cY0cg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaede610.blog83.fc2.com/tb.php/56-9d4f1bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。