上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局また投稿日が延びてしまったがキニシナイ。
こんにちは、こんばんは、管理人です。

CDがボカボカ届くというのにもなかなか消化できないジレンマ。。
せめて今年が終わるまでには聴き終わりたいものです。(願望

さてさて、今回ネタにするのはこちらです。



BOL_01

Artist: Burden of Life
Album: The Vanity Syndrome
Year: 2013
Genre: Melodic Death Metal
Country: Germany
Facebook: URL


 
 
 
 
ドイツ産のメロデスバンド Burden of Life の 3rd アルバムです。
前作、2010年にリリースされたEP「In the Wake of My Demise」以来の作品になります。

約3年ぶりでしょうか? いや~待ちに待った新作ですよ!


BOL_08


さて、この作品の感想を書く上で、まず書かなければならないのは、
今作が「コンセプトアルバム」である、という事です。

テーマに沿って、様々な事柄を曲としてまとめた作品とでも言いましょうか。
全体的にストーリー仕立てになっています。

今作の大まかなテーマとしては、ラブストーリーあり、若干のファンタジーありな
「一人の男の、彼自身と、彼を取り巻く環境による内なる葛藤について」という、
テーマを使った作品らしいです。(イシバシ楽器さんのインタビュー内容より)

「コンセプトアルバム」というだけあって、1曲、1曲に様々な要素が詰まっていました。

内容的には山あり~谷あり~な曲揃いです。イントロから男女との口論から始まり、
クッサクッサで元気が出る曲で始まったと思ったら、シリアスな曲になったり、
演劇チックな台詞が入っているアヴァンギャルドチックな曲があったり、

しっとりとした女性Voのバラード系の曲があったり、ザクザクとした曲調で大爆走する曲があったり、
中盤でクワイアチックなアカペラ曲があったり、トランペットを使ったJazzパートがある曲があったり、
終盤に9分もの大作曲があったりとですね。。

これはもう「メロデス」という枠に収まらん・・!!という内容でした。(笑

実際にバンドメンバーも、「型にはまらずに俺達のやりたい事を
詰め込んだアルバムなんだ!」
と言っていますし。まさにやりたい放題である。

でも、やりたい放題だからと言って全体が纏まっていないのか?と言うと、
そんな感じはしなくてですね、クオリティは高いですし、個人的にはアリだと思いました。

なんだろう、全然ジャンルは違うんですけど、Seventh Wonder の「Mercy Falls」や、
Nightwish の 「Imaginaerum」を聴いた時と同じような感覚を味わいました。
後者はリスペクトしているような節が曲によってチラッチラッ。

あとですね、今作では女性Voがゲストで歌っております。


BOL_07


「Jennifer Kothe」という方なんですが、恐らくですけど、
ベルリンの「ONAIR」というアカペラのバンドで活動している方だと思います。

めっちゃイイ歌声しています。あと当然の事ながらうまい!!
「ONAIR」というバンドにも興味が出てきました。←

上でもちょろっと書きましたが、実は今作でも短いですけどアカペラ曲があったりします。
もしかしたら、彼女からインスピレーションを得たのかもしれませんねぇ。(´∀`)ニヤニヤ


あと、聞く前は、「コンセプトアルバム」なので、「メタル要素は薄いのかな?」と思ってましたが、
聴いてみたら案外、そんな事なかったですね。 まぁ作風的に薄まっちゃうのは仕方ないけど、
前作のEPを聴いて好きになった人はニヤっとしちゃうような曲もありましたよ!


BOL_09


この記事を見てる方で、前作のEP「In the Wake of My Demise」から
このバンドを知った方も多いのではないでしょうか・・?

いわゆるチルボド系、カルマー系の音楽が大好きな人はヒャッホー!な内容のEPです。
そんな自分も前作のEPから入ったクチなのですが、今回もそっち系の曲もあったりします。

ただ、全部が全部そうか?と言うと、残念ながらそうではないです。
やっぱり、そこらへんもコンセプトアルバムだからと割り切るしかないのかも。

あと、クリーンボイスがかなり増えてますね。

バンド側も周りの反応が良かったせいか、今後も増やすと公言してました。
なんでも、クリーンを入れることで表現力の幅が増えるからとのこと。確かにそうかも。
まぁでも、EPの時も入ってたし、これは想定の範囲内ですかね。

あとですね、音質が格段に良くなっています!!
比べたらいかんかもしれないけど、2ndの頃とは比べ物にならないほど良くなっていて良かった。(笑

3年間色々と頑張ってきたんだなと感じられる作品でした。


-------


それでは、試聴曲をば~。



02 - Delusive Egomania



臭すぎる!!!(褒め言葉)

サビの Oh precious do you know ~♪ から始まるクリーンが心地よすぎた。
イントロからの開幕がこれでテンションがガツンと上がりました。w
これは癖になりますね。元気の出る曲です。


09 - Beyond The Breaking Point



まさかの Jazzパート にビックリしましたw
色々とやりたい放題な曲です。これも個人的にお気に入りの曲です。

そして、この次に続く9分の大作曲も良い曲でした。


------


続いて、もはや定番となっている届いたCDの画像などを。。


中身はこんな感じでした~。


BOL_02


そして今回、購入する時に駄目もとで 「サイン下さい!」 と頼んでみたんですが、

なんと!メンバー全員がサインを書いてくれました!! (`;ω;´)ヤサシスギル...

公式ショップがあったので購入したんですけど、
やっぱ、こういうサプライズがあるのが個人輸入の醍醐味ですねぇ。。


夢があってよい!


書いてもらったのはブックレットです。下記が画像です~。


BOL_03


BOL_04


BOL_05


BOL_06


これは嬉しかったです。(´∀`)

しかし、Dark Tranquillity、Mastodon、Nightwishと、
好きなバンドのアピールがハンパないww

EP出して3年たった今でもメンバーチェンジしないところをみると、
人間関係もうまくやっていけてるように感じますね。仲が良いのはよいことです。


ちなみに自分が購入した公式ページはこちら。
http://shop.burdenoflife.de/

※ Amazonでも売っているようです。
URL長いので省略


-------


というわけで、ザックリまとめますと、
Burden of Life が視野を広げる為に頑張った意欲作!といった感じでしょうか。

個人的には、とても良かったと思います。
お陰で最近の通勤時のBGMとして大活躍しております。(笑

今後はどういうアルバムになるか分かりませんけど、今から楽しみですね。

個人的には、EPの時のようなガッツリとしたメロデスアルバムも聴きたいなと思ったり。。
んーでも、インタビューとか見るとそれは無いのかな。。どうなんだろうか?


あ、そういえば「イシバシ楽器」という楽器屋さんがあるのですが、
このバンドに興味もった方は是非、覗いてみてください。

Burden of Life に対して、濃いインタビューなどを行っていて面白いです。(`・ω・)

http://www.rakuten.ne.jp/gold/ishibashi-shops/entame/ime/metal94/
※ 社員やステマとかではありません。w


願わくば、来日を期待したいところですね。 というか来日してくれぇ!!


ではでは、ここまで読んで下さってありがとう御座いました。m(_ _)m



↓ よければクリックしてやってください。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
 
 
>>TOPへ戻る。
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaede610.blog83.fc2.com/tb.php/45-bac386f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。