上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
記事一覧を更新しました。>挨拶

去年から更新が止まってました('A`;)
ちょくちょく聴いてる曲とかも更新。

最近はわりと時間が取れるようになったんですが、
時間ができたら出来たらでやりたい事が多くて
ブログの更新が疎かになってました _(:3 」 <)_

ブログをこまめに書ける人って凄いなぁと思いつつ、
休日に崩したCDをネタにしたいと思います。

そんなわけで、今日のネタはこちらです。



DS_01

Artist: Dreamshade
Album: The Gift of Life
Year: 2013
Genre: Melodic Death Metal
Country: Switzerland
Facebook: URL

 
 
 
 
というわけで、Dreamshadeの新譜が届いたのでネタにしてみます。

いやー、ようやくリリースされましたね・・!

前作「What Silence Hides」があまりにも良くて一昨年のベストに
入れてしまったくらい気に入った作品でしたが、リリースしてすぐに
ボーカルのIKO氏が脱退するという衝撃的なニュースがありました。

2008年に出したEP「To the Edge of Reality」から好きになった
経緯もあって、大好きなボーカルだっただけに非常に残念でした。。

しかも去年にキーボードのRawi氏も脱退するというニュースを知って、
Dreamshadeはどうなってしまうんだと心配してましたが、
新たなボーカリストKevin氏を加え、なんとか新譜を出す事ができたようです。

不安半分、期待半分でしたが、そのアルバムの出来はいかに。。


※ 初めに断っておきますが、この感想はあてにならない可能性が高いです。



-----


早速聴いてみましたが、これは1stアルバムがリリースした時にも
強く感じた事なんですけど、若い世代にウケそうなエモキッズよろしく!的な
エモーショナルなメタルコア要素が更に色濃く入ったなぁ。。という印象を受けました。

いやぁ、これは前作以上に感じたかもしれません。
というかもう6~7割ほどメタルコアに足突っ込んでる勢いです。(笑

クリーンボイスも明らかに前作より多くなっていて、
1st を聴いてDreamshadeが好きになった方は戸惑いが生まれるやもしれません。

まぁでもですね、曲のクオリティ面は安定していると、個人的には思います。

中でも「Your Voice」、「The Gift of Life」、「Sandcastles」、
Wants & Needs」あたりは良く出来ていると思いました。

あれなんです、新しいボーカルと曲がすごく合っているんです。

多分2ndの曲を脱退したIKO氏が歌っても合わないかもしれません。
そのくらい曲とボーカルがマッチしていると思う。

IKO氏は乾いたデスボイスというか、ちょっと独特な癖を持ったボーカルでしたが、
新たなボーカルのKevin氏は非常に力強いデスボイスを出し、
クリーンもそつなく使える万能型で、バンドを引っ張っていく力を感じました。

そういう意味では新ボーカルのKevin氏はこのバンドに良い意味で新しい風をもたらしたのではなかろうか。

同時に、新たな方向性を確立させたという意味でも、この2ndは成功したと言っていいと思う。


DS_06


ただ、、前作にあった北欧らしい突き抜けるかのような、
気持ちの良いキーボード音が減っていたのは残念
でした。

個人的に、あれがこのバンドの好きな部分の1つだったので。。

今作にもキーボード音はありますけど、前作とは毛色が違いましたね。
これが脱退したRawi氏の影響かはわかりませんけど。。

あと、いつまでも引きずるわけではありませんが、
やはりIKO氏のデスボイスが聴けないのは寂しかったですねぇ。

アルバムを通して聴き終わった後に「もう1回リピートしたい」という衝動が
1st ほど湧かなかったのも、これらが原因なのかなと思ったり。

決して新しいボーカルさんが悪いという訳ではないんですが!(汗
作品自体のクオリティは高いと思うし、なんでだろうな。。

きっと私は若干メタルコア化しつつも前作の延長線を保った、
北欧臭のするメロデスをこのバンドに求めていたのかもしれません。


今作も勿論メロデスしている曲はあって、良い曲では沢山あるんですけど、
「前作のような北欧らしさを感じるメロデスか?」と言われたら「うーん。」と考えてしまう。

そんなわけで、このバンドに何を求めているかで感じ方は全然違うと思います。
そういう意味で、冒頭に参考にならないかもしれませんって書きました。

私の耳がクソ耳なのは分かっていますが、
そう感じてしまったのだから仕方ない 。・゚・(^o^)・゚・。

こんな風に考えて聴かなければもっと楽しく聞けたんでしょうけど、
前作を聴いてて期待してしまうと、やっぱり意識してしまいますねぇ。


----------


それでは試聴曲へ。


01 Photographs




04 Sandcastles




05 Consumed Future




1曲目の「Photographs」を聴いた時は別バンドになってしまった。。と、
思ったけど、他の曲はちゃんとメロデスしてる曲もあって安心しました。

ただ、上記でも書きましたけど、全体的にクリーンボイスは前作に比べて多くなりましたね。

というか、5曲目の「Consumed Future」のPVを見てて気のせいかと思ったんですが、
38秒くらいにバナナマンの日村氏が映ってて吹きましたww


DS_05


思わず二度見してしまいましたww
何故日村氏の映像が使われたのか気になります。



---------


続いて写真などを~。



DS_02


ケースの中身はこんな感じでした。

続いて裏面はこんな感じ。



DS_03


最後に、一緒に購入したメタTです。



DS_04


もうどっちもかっこよくて、2枚購入しちゃいました。(笑
単純に色違いじゃないので、どっちかを選ぶことが出来なかった!

ただ、右側の灰色のメタTは汗かくと染みがでちゃいそうな感じですね。
暑い日は黒の方が無難かもしれない(´∀`)

ちなみに、このメタTは公式ページで購入が可能です。
http://www.freewebstore.org/dreamshade/index.aspx?pageid=46165


--------


そんなわけで、今作の感想ですが、
全然悪くはないんですけど、やっぱり、
個人的には前作の方が好きだと感じました。

「頭固いなぁ」と自分でも思います。。(苦笑

あくまでも個人的な感想なので、この作品が好きな方も
沢山居ると思います。気分を悪くさせたらごめんなさい。(´・ω・)

というか、今作で新規のファンってかなり獲得できたんじゃなかろうか?

この作品が好きって人は多そうな気がする。私もこれが初めての出会いだったら
純粋に絶賛して持ち上げレビューしてたに違いない。←

次回作もきっとこんな感じの路線になるんだろうなぁとは
思ってますけど、一応次回作も購入するつもりです。


しかし1stが出た時も思いましたけど、EP時代に比べると凄い方向転換してますよね。



IKO氏 と Rawi氏 が組んでまたメロデスバンドやってくれたら面白いのになぁ・・。
という 妄想乙 をしつつ、閉めたいと思います。w


それでは、また次回の記事で~!


↓ よければクリックしてやってください。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
 
 
>>TOPへ戻る。
 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
プロデューサーがヤコブハンセンと聞いた時点でDeadlockのBizarro Worldみたいな感じなんでしょ?
という先入観があるため、なんとなく予想できそうな音で購入優先度下がってます。
2013/02/13(水) 01:35 | URL | wish #zp.b0tIQ[ 編集]
■ wishさん
お返事が遅くなってしまってすいません。m(_ _)m

Deadlockも結構変わっちゃいましたよね。
需要のある路線だと思いますけど賛否両論なのは
今作のThe Gift of Lifeにもあたると思います。

前作が出たようにもしかしたら国内盤が出るかもしれないので、
その時に購入するのも手かもしれません。出るかは分かりませんけど。(^^;

それでは、コメントありがとうございました!
2013/02/17(日) 22:51 | URL | Kaede #9L.cY0cg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaede610.blog83.fc2.com/tb.php/41-1cf1747c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。