上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
【悲報】 浦島現象を体験しました。


どうも、4ヶ月ぶりです。

プライベートな話しになりますが、会社で人事異動などがあってドタバタした
リアルをおくっているダメ管理人(別名:社畜)でございます。

このくっそニッチなブログと向き合うには個人的に パゥワァ~ がいるのですが、
重い腰がやっとあがりまして。 筆をとった次第です。 はふぅ。。

さて、冒頭の「浦島現象」について説明しましょう。

みなさんにも経験があると思いますが、分かりやすく言いますと、
「楽しい 時間を過ごしていたら、いつの間にか時間が経っていた」というアレです。

楽しければまだ救われますが、私の場合は、

「苦痛の 時間を過ごしていたら、いつの間にか時間が経っていた」


どうですか。 こんな悲しいことはありません。。


そんなわけで、この4ヶ月の間はですね、
世間でメタルと言われている音楽に一切ふれる余裕が無かったため、
メタルの情報(主に:来日情報、新譜情報)が完全にシャットアウトされた環境におりました。

そんなはずない? 馬鹿を言うな? 盛っただろ? 恐ろしいことに、これが現実なんですね。。


ジョジョ で例えるなら ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム を食らったかように永遠に続く辛い業務内容を毎日毎日繰り返すワケですよ。

家に帰ってきても 酒!飲まずにはいられないッ! と酒をあおって即寝する毎日なワケですよ。


そんな環境にいたものだから、今の流行が全く分からないワケですよ 。゚(゚ ´ω`゚ )゚。   これが言いたかった
※ 今はだいぶ落ち着きました。

いや~これは困ったなと。。 とりあえず、急いで情報を集めているわけですが、
この空白の4ヶ月を埋めるのには結構な時間がかかりそうです。

以前の更新からCDは1枚も買えていませんし。 (MP3データでなら買いましたけど)
ちょこちょこ買っていかないとな~と考えています。。


さてさて、長くなりましたが、ここからが本題 です。

毎度やっていることですが、突貫的に サラ~ッ
集めた良さそうなバンドをネタに書いていこうかなと思います。

もはや時期ハズレで新鮮味の無いネタもあるかもしれませんが、
そこは目を瞑って見ていただければと思います。

興味のある方は下記の 『≫続きを読む』 からどうぞ。
 
≫続きを読む


スポンサーサイト

_:(´ཀ`」 ∠):_

どうもお久しぶりです。
とりあえず、生きてます。

こんな更新頻度が少ないブログでも足を運んでくださる方がいて本当に嬉しいです。
いつもありがとうございます。m(_ _)m そして更新頻度が低くてすみません。。

バタバタしててブログどころではありませんでした。(白目
やっと仕事にも生活にも慣れきて、落ち着いてきたので筆をとった次第です。

というか、気づけばもう11月下旬なんですね。。
もうそろそろ 年末ベストの時期 なのか・・・ う、うそだ・・

この2ヶ月は忙しいながらも音楽情報の収集は欠かさなかったので、
ある程度は一部の小さな流行(?)に乗れてる感はありましたが、
あまりじっくりCDを聴く時間が取れなかったのが痛かったです('A`)

積み音源を消化していかなくては。。

とりあえず、積み音源は崩せてませんが、
気になる情報(情報記を少しカキカキしたいと思います。

続きを読まれる方は下記の「≫続きを読む」からどうぞ。
 
≫続きを読む


こんにちは、こんばんは、私です。
一週間「くらい」ぶりですね、嘘はついてないよ!(冷や汗

さて本日は表題の件にもある通り、悲しいニュースがあったので記事にしたいと思います。

知名度で言いますと、かなりマイナーな部類にはなりますが、、
一部のブラックメタラー達からこよなく愛されたアメリカのレーベル「Khrysanthoney」が閉店しました。。

頻繁に更新が止まるレーベルだったので、心配はしていたのですがまさか潰れるとは。。


以下、ソースです。




悲しい、あまりにも悲しい。。

更新の頻度はこのブログよりも酷い超マッタリで、滅多にショップの内容が変わることは無いのですが、
そのかわり、いざリリースとなると質が高いバンドが バ~ン と出てくるのがこのレーベルの特徴だったりします。

しかも、リリースしててもチェックしてないと気づかないのでメルマガ登録は必須でした。
そう、気づかなかった時に限って、限定盤を買い逃してしまうというのはよくある話であったり。。

唯でさえリリース数の少ない作品(100~200枚限定リリース)のに更に数の少ない特別盤(20~25枚限定リリース)
とか平気で出してくるところなので、普段は気を抜いてても、いざとなったら気がぬけない!

限定盤はわたさんッ !! 絶対にわたさんぞぉおおおッ !!! (必死


・・・と、コ○ケのシャッターダッシュ的なイベントが、PCの前でヒッソリと行われる、そんなレーベルでした。(笑


----


Khrysanthoney.jpg


今や懐かしの入り口です。
残念ながらもう「Explore」をクリックする事はできないのですが。。

ここは何度か利用させてもらいましたが、それはそれはお世話になりました。
思えば、「Petrychor」、「Sleeping Peonies」、「Clouds Collide」などのバンドと出会えたのもこのレーベルのお陰だと思います。

中でも、「Sleeping Peonies」の作品はなかなかに苦戦して入手した記憶があります。

100枚限定の1st-EP「Rose Curl, Sea Swirl」はあと少し遅かったら買い逃していたし、
150枚限定の2nd-EP「Ghosts, And Other Things」は特別盤は買えずとも出遅れたせいかギリギリ通常盤を入手し、
20枚限定(通常盤は130枚限定)の3rd-EP「Slowly Disappearing」は気合でなんとか入手できたのは奇跡に近かった。
少しでも決断が遅れていたら売り切れていたに違いない。(´・ω・`)

3rd-EP「Slowly Disappearing」については、リリースが早朝だったということもあり、
出勤中に電車の中から慌ててスマホからShopにアクセスをして、
初めてスマホで Paypal 決済 を行ったという記念すべき1枚だったりします。(苦笑

普段はメール打ちにくいし、Googleマップくらいしか有り難味を感じなかったスマホですが、
あの日ばかりはスマホにしてて良かった!と感謝しましたね。 ガラケーなら詰んでた。

スマホの力もあって初の特別盤(Ambrosia Edition)を購入することができました。

帰宅する頃には特別盤は売り切れていたので、あの時の選択は間違いではなかったと思う。
通常盤は閉店するまで売れ残っていたようでしたが。。(苦笑


003_20140513234434b88.jpg

現物はこんな感じです。
左上から1st-EP、右上が2nd-EP、下のでっかい箱が3rd-EPです。

リリース数が少ないのは手作りだからっていうのもあるのかもしれません。
(1st-EPはただ単にCDケースに入れただけのものですけど。)

本当は「Slowly Disappearing」の中身を撮った画像があったのですが、どっかいってしまった。('A`)
中身ほんと色々な紙やら紙やらが入っててですね、一度出すと片付けるのくそ面倒くさいのでこれで。


現在、曲はBandcampでデータ販売をしております。
http://sleepingpeonies.bandcamp.com/

どうしてもCDで欲しいという現物主義のお方!
もし、ユニオンとかの中古市場で見かけた時は迷わず購入することをオススメします。
通常盤ですら100~150枚限定とかのリリースで、現物自体が少ないのです。チャンスがあれば拾っちゃいましょう。

もし国内で見つからないようであれば、eBayや、Discogsなど、海外の中古市場に目を向けると意外と
転がってたりします。海外の方との直接的なやりとりでハードルは上がるものの、リターンが大きいのが魅力的。
悪までも、購入は自己責任となりますが、興味のある方は試してみてはいかがだろう。

参考程度に、Sleeping Peoniesの音源貼っておきます。
幻想的なシューイザー/ブラック系の音楽が好きな方なら楽しめる作品だと思います。








この「Sleeping Peonies」というバンド、実は「Clouds Collide」というバンドとスプリット
リリースする予定だったんですが、それが無くなってしまったのが物凄く悲しいです orz
一時は解散しかと思った「Sleeping Peonies」がまた戻ってきたか!と思ったらこれだ・・・。

FBで画像がアップロードされた時はウキウキしていたのですが、、残念すぎる。




リリースしてほしかったなぁ。。


それと、シューゲブラックが世間で光を浴び始めた頃に一部で話題にもなった「Onryō」というバンドが
Khrysanthoneyから初の音源をリリースするというニュースもあったのです。

これも残念。。 今や懐かしい Myspace に2曲のみアップロードして音信不通になっていたので
CDリリース化は本当に楽しみだったのですが('A`) 何処かのレーベルが拾ってくれませんかね、リリースはしてほしい。






それとですね、私が何よりも期待していた「Adorn」というバンドのリリースが無くなったのが悲しすぎるのですよ。。

これはCDがリリースして現物入手してからネタにするつもりのバンドでしたが、
もはやそれも絶たれてしまったので、、タイミング的にもいいので書きたいと思います。

まずはこのジャケを見てほしい、コイツをどう思う。


a3102085005_10.jpg


すごく、イイセンスです。。 ジャケからして惹きつけられるものがありますよね。

ジャケが良い=良盤の法則とはよく言ったもので、曲もめちゃくちゃいいんですわ。。









浄化した

この死んでもないのに成仏しそうになる曲は一種の殺人ソングと言って良いのではなかろうか。(良い意味で)

バンド自身がジャンルを「Romantic music for dreamers.」と言うだけあります。
曲を聴く前はふふっと微笑してしまったのですが、曲を聴いた後には納得せざるを得なかったですね。
ロマンチックという言葉が似合う音楽だなぁとしみじみ思ってしまった。(笑

Voは無いのですが、この手のジャンルって曲だけでもいいもんですな。

それにしても、シューゲイザー系のバンドって、今はもうマンネリ化が激しいジャンルになっていると思うんですよ。
Alcestがきっかけとなって爆発的に広まったジャンルではあるのですが、広まりすぎたというか。

でもそんな、マンネリ感を払拭するくらい衝撃を受けました。 素晴らしいです。
あまり他バンドを出すのはアレなんですが、Alcestの1stを初めて聴いた時と似たような感覚を味わいました。

ベタ褒めで気持ち悪いですけど、それだけ私のツボにクリーンヒットしたのです。(笑
早くも今年のベストの1枚決まってしまった感が!

これが無料DLでいいんですか?と。本当にCDリリースしないんですか?と。。
ほんと、どこかのレーベルが変わりに出してほしいくらいです。

無料でリリースしてくれたバンドに感謝しつつ、ありがたくBandcampで name your price もとい、Free Download しましょう。
でもCDリリースしたらこれは買いたいですね。こういう作品はCDでやっぱり欲しいです。

無料DLはこちら。
http://adornmusic.bandcamp.com/


そんなわけで、個人的に悲しいニュースをお届けしました。

時代の流れと言いますか、いつまでも続くものではないのかもしれませんが、
なくなってしまうというのは悲しいものですね。。 本当に良いレーベルでした。

最後に、Khrysanthoney を訪れると必ずや目についたフラッシュ画像を
GIFアニメーションでコッソリ録画したやつがあるので、それを張って〆ようかと思います。w



khrysanthoney2.gif


お疲れ様でした。 今まで素敵な作品をありがとうございました!


それでは、また来週――。


↓ よければクリックしてやってください。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
 
 
>>TOPへ戻る。
 
 
GWなんて、無かったんや。。(白目

こんにちは、こんばんは。私です。

そんなわけで、ろくに音源発掘ができて無いんですけども、
今回も情報記を書いて行こうかと思っております。

----

あ、今後についてなんですがこの1週間 「くらい」 のペースが肌に合う気がしました。

そのくらいのペース配分になるかもしれません。守れる保障は無いのですが、、
なるべく、ペースを崩さずに更新していけたらなと思います。

それでは早速いってみましょう。

今日は ドゥームな気分 なのでドゥームバンドオンリーの紹介をします。(笑
※ ドゥームといっても、メロいドゥーム系のバンド紹介になりますので悪しからず!

≫続きを読む


001_201404291850523f7.jpg

まさか小説で泣いてしまうとは。。

小説といっても、ラノベなんですけどね。
MMO(RPG)を題材にした世間でも話題にもなったSAOってやつです、ええ。ちなみに7巻です。(恥

MMOとは、大規模多人数型オンラインのことで、MMO(RPG)はようはオンラインRPGのことですな。

自身、昔にFF11というMMO(RPG)をやっていたせいか、MMO(RPG)を題材にしたこの作品に
前々から興味があったんですよね。で、読んでみたらこれがクッソ面白いじゃ~ないですか。。

小説の内容は仮想世界(ネットゲームの中)にフルダイブで(体の五感全てをネット上のキャラに置き換えて)
MMO(RPG)の世界で冒険するというものなんですが、そこで主人公はゲーム内で死ぬ=リアルでも死んでしまうという
デスゲームに巻き込まれてしまうというストーリーになっています。血みどろで絶望しか無いように思えますが、
シリアスであるものの、そこは著者の文章力もあり、面白く書かれていました。

んーむ、正直ラノベというものを舐めていました。。
興味をもった方は読んでみてはいかがだろうか。おすすめです。

って、なんの宣伝、もといなんのブログなんだこれは。。


というわけでして(?)今回も複数バンドを紹介する 情報記その2 を書いていきたいと思います。

去年から今年にかけて、アトモスフェリック系のメタルに毒されている私です。


同士の方が居ましたら、ぜひ私と友達になってくd
 
 
≫続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。